複合機の優れた便利機能は使わなきゃ損

最近の企業では、レーザーコピー、ファックス、プリンター、スキャナーが一体化された複合機を置いています。すべてが一台で兼用できるとそれぞれの機能の機器を置く必要がないのでその分スペースができて仕事がスマートにできます。たいていがリースなので保守契約と言う修理やメンテナンスが無償でできる契約をしています。もちろんトナー代も無料なので実質リース料のみの支払です。ですから、ちょっとでも不具合があれば修理を依頼する方がお得です。また、複合機に不具合があるとメーカーのコールセンターに通信されるのでわざわざ連絡不要のケースもあります。逆に、メーカーは定期的に遠隔操作でメンテナンスをしているので不具合があると連絡があるケースもあります。近年でIT機器は着々と機能的になってきているので使いこなせないと損ですね。

オフィスの複合機の基本的な機能のご紹介

複合機と呼ばれるものは大きく分けて2種類あり、オフィスにあるレーザー複合機と家庭にあるプリンターと一体化したインクジェット複合機です。オフィスにあるレーザー複合機の方がオフィス向きなので機能は多いです。基本的な機能ですが、ファックスの送受信、両面やカラーやソート印刷、スキャナー機能、拡大縮小コピーです。それぞれの機能は奥深く、ファックスは送受信履歴をタッチパネルから確認でき、エラーならエラーレポートが送られてきます。相手がビジーだと送信不可でしたが予約ができ数回トライしてくれます。印刷はパソコン一台につき私書箱があるので必要な時にプリントアウトができます。間違って印刷してしまっても複合機上で削除ができるので用紙が無駄になりませんし、他の人に自分の印刷物の内容を知られることがありません。

オフィスの複合機の便利な機能のご紹介

では、オフィスにある複合機の便利な機能のご紹介ですが、ファックスとコピーと印刷とスキャナーが一体化されているのでプリントアウトした印刷物をそのままファックスする場合は立ち止ったままで操作ができます。印刷とコピーを続けてしたい場合も同じです。移動の手間が省けてその分と言ってもほんの数秒あるいは数分ですが仕事が早く進みます。結果、仕事の効率アップに役立っていると言えます。また、コピーでの便利機能は用紙が自動で感知することです。ですから、わざわざ用紙の指定は不必要です。さらに、縮小の場合も縮小のボタンを押すだけで自動的に用紙に合ったサイズに縮小されます。それと、上部に自動給紙機能がついていて、用紙をセットしてスタートボタンを押すと自動印刷されます。重たいカバーを開けて原稿をセットする手間がないのでその分仕事がスピーディーにこなせます。