是非使いこなして欲しい複合機のこの機能

複合機は、単純にコピーをする機械だけではなく、スキャナーやプリンターやファックス機能を備えたオフィスには欠かせない事務機器です。複合機には、現行を自動で読み取ることができるので、大量の原稿をスキャナーする場合や、大量の資料をファックスする場合には非常に便利で、事務の効率が非常に良いので時間のロスを削減することができます。また、プリンターとしても小型のプリンターとは違い印刷スピードが非常に速いことから、大量の印刷などには非常に向いており、急ぎのプレゼン資料の作成に大いに役立ちます。また、プリンターで印刷する場合にはA3で印刷することも可能なので、両面印刷して冊子のように印刷することも可能であることから、大幅に紙の印刷量を減らすこともできます。

プリンター機能の活用方法について

複合機にはプリンターの機能もついていることから、複数台のパソコン端末からプリンターとして印刷することができます。複合機でプリンター機能をうまく活用することで、大幅に紙の印刷枚数を削減することができ、コスト削減も可能になります。その方法は両面印刷をうまく活用することです。各メーカーのプリンタードライバーのは、両面印刷を単純に行うだけでなく、どのような両面印刷を行うかを細かく設定できるようになっています。そのため、大量のプレゼン資料を印刷する場合に、A3用紙の両面で冊子のように印刷することで、A4で4枚必要な現行であっても、A3用紙1枚で印刷することができるのです。これらの資料を両面の冊子印刷で行うと、単純に印刷枚数が4分の1になるので、大幅にコスト削減が可能です。

スキャナー機能の活用方法について

クラウドサービスが本格化しているなかで、今まで紙資料で保存していた書類なども電子化して電子データで保存することが支流となってきています。その紙資料を電子化するために複合機のスキャナーは非常に役立ちます。紙資料は、契約書類等は数年間保存しなければならないと法律で定められているのですが、廃棄することができずに残って倉庫の奥で眠っていることがあります。このような資料は複合機のスキャナーで大量にPDFデータで保存することによって、資料保管に必要な費用などを大幅に削減することができます。複合機は原稿を自動で読み取ることができ、両面の資料であっても画面の設定ですぐに行うことができるので、大量の資料を電子化するためにかかる時間を大幅に削減することができます。